カードローンの連鎖

カードローンもキャッシングも、言い方が違うだけで借金です。自分のお金がないので他の人から借りて、後から返すというものです。計画的に利用すればとてもうまく運用することが出来ますが、使い方を誤ると、残念なことに借金のループにはまることになります。


借金だという自覚をする

借金を自分がしているという自覚があるかないかで、使い方がだいぶ変わって来ます。消費者金融のCMや広告では、借金という言葉を使いません。印象が悪くなるからです。行為自体はお金を借りているということなのですが、借入か借金かでだいぶ変わるのです。銀行や消費者金融でカードローンを利用した際には、自分は借金をしているということを忘れないように心がけましょう。これだけでも、借りることを繰り返して返済地獄にはまる割合は少なくなります。


カードローンの使い道をしっかり決める

一枚のローンカードから限度額までいつでも借入することが出来るので、現金化した後に色々なことにそのお金を使ってしまう方が多いです。そうしてどんどん借入を重ねてしまうと、一枚では足りなくなり、別の会社で二枚・三枚とカードを作ってしまいます。このような状態にならないよう、カードローンを契約する際にこのカードをどのような目的で利用するかを決め、その目的で固定します。他の目的で利用しないようにすることによって、無駄にカードを利用しなくなります。

カードローンで借金のループにはまる前に目的を持ち、無駄に利用しないように自分に釘を刺しましょう。効率よくカードを利用して、自分の生活をサポートさせていきましょう。

カテゴリー: カードローン | コメントする

カードローンの申し込みブロック

カードローンの申し込みをしようとしたら、ブラックと言われました。これはどういう意味でしょうか。ブラック企業など、黒という色があまり良いイメージとは思えません。わたしに何か不手際があったのでしょうか。それとも別の理由があってブラックという言葉が出てきてしまったのか、よく分かりません。教えてください。


<カードローンのブラック>

一般的なブラック状態とはちがうのかもしれません。一般的なブラックとは任意整理や自己破産などをした場合です。返済が滞っているケースも含まれるでしょう。申し込みの時点でブラックというのは、いわゆるカードローンの借り入れを何度もしてしまうことで、申し込みブラックになってしまうと言われています。心当たりはありませんか。おそらく、このパターンにあてはまると思います。借り入れの増額なども同様に扱われる場合が多いです。カードローンの審査を短い期間で何度もしてしまうと、申し込みブラックと認定されてしまいます。そのあいだは借り入れをしても、おそらく断られてしまうでしょう。


<申し込みブラックからの脱出>

カンタンな方法はひとつしかありません。連続して借り入れの申し込みをしないことです。もし、すでにしてしまったのが申し込みブラックなので、次の借り入れまで期間を空けるしかありません。おおよそ半年ぐらいでしょうか。そうすれば申し込みブラックとして弾かれることはないはずです。

カテゴリー: カードローン | コメントする

カードローンを2社以上借りているならおまとめローン

カードローン商品は、インターネット審査の発達などで非常に気軽に申し込みができるようになりました。そのため、2社以上にカードローン返済をしているという人も多くなっているそうです。また返済がいくつもあって、なかなか終わらないという人にもオススメしたいのが、おまとめローンです。


カードローン返済専用のローン商品

カードローン商品の借金を、1社で借り換えるというのが大きな特徴です。借り換えなので、新しく借金を作ることはありませんが、今まで返済していて、まとめる分のお金は新しいローンに返済することになりますから、申し込み、審査はありますが、それでも返済に特化したローンであることから、返済が進みやすい、ストレスなく返済ができるなどといわれています。総量規制の帰省対処から除外されているので、額が大きい場合も相談ができる可能性があります。


利息の安いローンで安くなる可能性も

利息が安く設定されているおまとめローンにカードローンを借り換えると、利息負担も減る可能性があると言われるそうです。ローンの利息が高いことで悩んでいる人は、銀行系など、利息の低さに注目してもいいかもしれませんね。借り換えは住宅ローンなど高額なものが対象と思いがちですが、少額ローンでも借り換え専用ローンがあります。

カテゴリー: カードローン | コメントする