カードローンの申し込みブロック

カードローンの申し込みをしようとしたら、ブラックと言われました。これはどういう意味でしょうか。ブラック企業など、黒という色があまり良いイメージとは思えません。わたしに何か不手際があったのでしょうか。それとも別の理由があってブラックという言葉が出てきてしまったのか、よく分かりません。教えてください。


<カードローンのブラック>

一般的なブラック状態とはちがうのかもしれません。一般的なブラックとは任意整理や自己破産などをした場合です。返済が滞っているケースも含まれるでしょう。申し込みの時点でブラックというのは、いわゆるカードローンの借り入れを何度もしてしまうことで、申し込みブラックになってしまうと言われています。心当たりはありませんか。おそらく、このパターンにあてはまると思います。借り入れの増額なども同様に扱われる場合が多いです。カードローンの審査を短い期間で何度もしてしまうと、申し込みブラックと認定されてしまいます。そのあいだは借り入れをしても、おそらく断られてしまうでしょう。


<申し込みブラックからの脱出>

カンタンな方法はひとつしかありません。連続して借り入れの申し込みをしないことです。もし、すでにしてしまったのが申し込みブラックなので、次の借り入れまで期間を空けるしかありません。おおよそ半年ぐらいでしょうか。そうすれば申し込みブラックとして弾かれることはないはずです。

カテゴリー: カードローン | コメントする

カードローンを2社以上借りているならおまとめローン

カードローン商品は、インターネット審査の発達などで非常に気軽に申し込みができるようになりました。そのため、2社以上にカードローン返済をしているという人も多くなっているそうです。また返済がいくつもあって、なかなか終わらないという人にもオススメしたいのが、おまとめローンです。


カードローン返済専用のローン商品

カードローン商品の借金を、1社で借り換えるというのが大きな特徴です。借り換えなので、新しく借金を作ることはありませんが、今まで返済していて、まとめる分のお金は新しいローンに返済することになりますから、申し込み、審査はありますが、それでも返済に特化したローンであることから、返済が進みやすい、ストレスなく返済ができるなどといわれています。総量規制の帰省対処から除外されているので、額が大きい場合も相談ができる可能性があります。


利息の安いローンで安くなる可能性も

利息が安く設定されているおまとめローンにカードローンを借り換えると、利息負担も減る可能性があると言われるそうです。ローンの利息が高いことで悩んでいる人は、銀行系など、利息の低さに注目してもいいかもしれませんね。借り換えは住宅ローンなど高額なものが対象と思いがちですが、少額ローンでも借り換え専用ローンがあります。

カテゴリー: カードローン | コメントする

カードローンは、約定返済よりも任意返済を

多少の金額が必要となったものの、定期預金は崩したくない。そんなときに、カードローンを作っておけば後々、便利に使えたりします。どこの地域にもたいてい一つや二つはある金融窓口。何かと必要出費が多い日々を送っているようならば、このような機関を利用するのも手でしょう。


<返済方法は、約定期日返済と任意返済>

金融会社でカードローンを作ると、毎月いつ頃に返済を行うかを決定することとなります。これはいくつかパターンがあり、会社によってちがってくるのです。大体は、金融会社が決めるか契約者が決めるかのどちらかになりますが、いずれにしても一定の返済期日を定められると、それが約定期日となります。この返済日は、必ず守らなければなりません。延滞すると、信用が低下しデメリットとなるためです。


<返済日さえ守れば、任意返済は可能>

この規定された返済日とは別に支払いを行うことを任意返済といいます。これは約定返済とは違い、その支払い金額がすべて元金として計算されるというのが特徴です。つまり、可能であるならば返済日以外にも任意で返済したほうが、効率的に元金が減ってカードローンの借金もなくなるということ。約定期日にのみ払っていると、無駄に返済が長引いてしまったりもします。金銭に余裕ができたら、どんどん返していったほうが逆に得となるでしょう。

カテゴリー: カードローン | コメントする