カードローンは、約定返済よりも任意返済を

多少の金額が必要となったものの、定期預金は崩したくない。そんなときに、カードローンを作っておけば後々、便利に使えたりします。どこの地域にもたいてい一つや二つはある金融窓口。何かと必要出費が多い日々を送っているようならば、このような機関を利用するのも手でしょう。


<返済方法は、約定期日返済と任意返済>

金融会社でカードローンを作ると、毎月いつ頃に返済を行うかを決定することとなります。これはいくつかパターンがあり、会社によってちがってくるのです。大体は、金融会社が決めるか契約者が決めるかのどちらかになりますが、いずれにしても一定の返済期日を定められると、それが約定期日となります。この返済日は、必ず守らなければなりません。延滞すると、信用が低下しデメリットとなるためです。


<返済日さえ守れば、任意返済は可能>

この規定された返済日とは別に支払いを行うことを任意返済といいます。これは約定返済とは違い、その支払い金額がすべて元金として計算されるというのが特徴です。つまり、可能であるならば返済日以外にも任意で返済したほうが、効率的に元金が減ってカードローンの借金もなくなるということ。約定期日にのみ払っていると、無駄に返済が長引いてしまったりもします。金銭に余裕ができたら、どんどん返していったほうが逆に得となるでしょう。

カテゴリー: カードローン | コメントする

カードローンで迷ったら返済日をチェック!

カードローンには返済日があります。カードローン選びでは利息やATMなどを比較しているかと思うのですが、ほとんど条件も同じ、自宅から近いATMなどもコンビニエンスストアがたくさんある今はたいして差がないということは少なくないと思います。


カードローンの返済日を選べる会社を

返済日は返済まであまり気にならないかもしれませんが、できるならお財布が潤っているときに返済を終えてしまいたいと思う人が多いかと思います。そこでおすすめなのが、返済日を自分で選ぶことのできるカードローンです。これであれば、自分のお給料日に合わせた返済計画を実行しやすくなるうえ、繰り上げ返済などを行うタイミングも早くわかるので、利息の負担を少なくできる可能性があるそうです。


利息の計算方法は日数計算

繰り上げ返済などで有利になるのが、日数計算をしている利息です。早く返すほど、利息の負担が小さくなりますから、繰り上げ返済でも利息が少なくなる可能性もあります。利息はほとんどの会社で大きく違うことも減っていますから、利用中に受けることのできるサービスや、ATM手数料の負担などがより、少なくなる計算方法などを比較してカードローンを選ぶといいでしょう。

カテゴリー: カードローン | コメントする

借金返済のためのカードローンはしてはいけない

消費者金融からカードローンを受けるには人それぞれ理由があると思います。引越しをしなくてはいけなくなった、出産に必要になった、どうしても欲しい高額商品があるなどです。これらは預貯金もなくどうしてもすぐに必要になり無担保ですが、高金利のカードローンを選んだのです。あとはこの借金を月々返済していけばいいのですが、この返済をするための資金がなく、カードローンをする方がいるようでそれは目的のためのローンではなくなっていて、そもそもこの融資額が自身の収入に見合っていなかったということになります。後は次々とカードローンを繰り返し借金額が増えていくだけです。何のためにカードローンをするのでしょうか。それはブラックリストにのらないためです。ですがこんなことを繰り返していればのちのちブラックリストにのることは間違いありません。先延ばしにするのではなく早い対応が一番です。


<逃げても借金はなくならない>

返済期日になりあわててまた融資を受けても、何の解決策にもなりません。ブラックリストに載ることばかり考えて先延ばしにしているだけです。収入に見合わない借り入れをしたのは自分です。そこはちゃんと自身で受け止めて早めの債務整理をおすすめします。

カテゴリー: カードローン | コメントする